ぺいあのStop浪費ライフログ

生活費の収支が毎月赤字になって早一年。遂にクレカ引落できない事態に陥り、Stop浪費生活することをここに宣言。

意図しない荒療治で生活リセット

「オラオラ!〇〇さん、家にいるのはわかってんだよ!いい加減出てこいコラ!」

「ヒィィイ!」

 

--

 

どうも〜

ややあってトラブルの渦中にあるぺいあです。

あ、一応申し上げておきますと、冒頭のような状況までは至らず鎮静化に向かって行っている(と思っている)ところです。

※ただ、招かれざる客に待ち伏せされているかもという恐怖心から、経路を変えて帰宅したり、家に着いても電気を点けなかったりという対策はしました!

 

何があったのかって?簡単に言うと、

不動産投資の話があって気付いたらやる方向で進んでいて、やめておこうと思ってもすっと解放されなくて恐怖感じる事態に陥っていた次第です。

 

めちゃめちゃ怖かったです。はい。

※実家も近いし親とも仲良いけど、自宅に帰りたかった。

 謎のこだわり。(笑)

 

何があったかの詳細は気が向いたら書こうかな。

今回は結果と反省にフォーカスし、私みたいなぱっぱらぱーな人に警鐘を鳴らせたらと思います。

 

もくじ

1.ネック

2.とうちゃん登場

3.結果として荒療治

4.反省

 

↓とうちゃんと打ち合わせたときに食べた。おいしかった。

f:id:century_curry:20191224122653j:image

 

 


1.ネック


 

流されるまま話がトントン進んでいき、融資する信販会社から不動産屋に「なんかこの人分割金あるんだけど?」と話があった模様。

ぺいあは(今となっては不審に思っている)スクールの代金と飛行機代金をクレカの分割で支払っており、これがまぁまぁな金額になっている。

 

で、それがあると融資下りない可能性があるから一旦払っちゃいましょう、と不動産屋がのたまう。

それで、さりげない手段で私にある程度の現金があることを把握した上で、全額を肩代わり。

 

もうわけがわからなくない??

さりげなく現金を確認されたのとか、当時は急いでいて全然気にならなかったけど今思うと恐怖だわ。

やり口が怖い。

 

で、この分割代金の肩代わりがネックになるんだよね。

返済しないと、繋がりが切れないので逃げられない。

無視できない。

怖い。

 


2.とうちゃん登場


 

 とうちゃんはその道の専門家でもなんでもないんだけど、ぺいあのために色々助言してくれました。

弁護士に相談するよう促したのも、危機感を出してくれたのもとうちゃんです。

 

弁護士さんより、「まずはやらないという意思表示をせよ」とのご助言を頂いた(この宣言は、相手の態度の豹変等を恐れたのでなかなかできなかった。弁護士さんから、こちらに不利益が発生しないことを説明してもらったことで、安心して宣言できた。)ので、即実行し、とうちゃんに確認とりながら対処していった。

 

あと、単身赴任先からとうちゃんが来たので、直接会って状況の説明をしたり対策を考えたりした。

 

最悪の場合は不動産屋ととうちゃんの対面もあり得たけど、今回はそこまでは至らず。

 


3.結果として荒療治


 

一旦不動産屋が肩代わりしていた支払い分をとうちゃんが返済。

ぺいあはとうちゃんにお支払いしていくことに。

昨日半分以上払い済みで、明日残り全部支払うので、お金的にはそれでチャラ。

 

なんだ、全部自分ですぐに払えるじゃないか…!

 

まあそんなこんなで月々Heavyに圧し掛かっていた分割代金が無くなって、手取り収入がそのまま懐に入るようになる。

すんごい荒療治で生活がリセットされたのである。

 

やろうと思えばさくっと返済できるもんなんだねぇ。

これからは、変に分割にすることなく生活していくよう改めないと。

それが可能なだけの給料は貰っているはず。

 

なんなら、これまでの計算上、毎月ダイビング旅行に行っても給料の範囲内になるはず。(行先にもよるが。)

 

あ、でも最近自炊してないし900円守れてないや。

でも900円にこだわる必要はなくなったな。

てことで、これからは、へんな付き合いじゃなく、これまでの付き合いを大事にしていこうかな。

 


4.反省


 

 今回の反省点は、

お金、税制などなどの知識に乏しすぎる!

という点に尽きます。

 

無知の状態から調べて~となるとなかなか辛いものがあるので、

基礎を持った状態にしなければならないと強く感じました。

 

これまで、なんとなく、その辺のこと勉強しなきゃな~と思いつつ後回しにし、会社員だから気にしなくても生きていけるという状況に甘んじていました。

大いに反省。

 

ちょろっと調べると、FPと簿記の勉強をすると基礎が身に付くぞと出てきたので、その辺を取ろうと思います。

FP試験は直近だと1月らしいので、それが過ぎてメルカリに過去問が流れたらGetする所存。

簿記については、どんな感じか調査中。

 

あー

勉強って嫌いだけど、やらないと命落とすんだな。

 

ふぅ。

今日の記事は、自分が無知だという自覚がある人、やばいことに巻き込まれそうになっている人に届いてほしい。

 

ps あと、情報処理安全確保支援士も取らなきゃ(3回落ちてる)

 

 

↓恐怖をリアルタイムでつぶやいていました

賞与だ!賞与だ!!

うわっ、査定Bかよ…あの大型案件は俺が取ったってのに……!!

--

どうもこんにちは〜賞与前で浮かれているぺいあです。
賞与入るといっても、節約対象外消費(ダイビング旅行)のマイナス補填になるので、殆ど手元に残らないんですけどね…!

f:id:century_curry:20191209001316j:image

さて、今月のカード引落額はどうなのでしょうか。
未来の自分への戒めとして、見ていきましょう。

先月の状況はこちら↓
stop-rouhi.hatenadiary.jp


もくじ
1.カード引落額と口座残高確認
2.先月の振り返り
3.年末に向けて


1.カード引落額と口座残高確認



ま、淡々と並べていきましょうか。
カード引落額
 カードA 204,669円
 カードB 55,533円
 カードC 11,187円
 カードD 0円
 カードE 5,500円
合計 276,889円

口座残高
 銀行A 188,323円

不足残高 88,566円
賞与 ヒ・ミ・ツ❤️ ※雀の涙
 不足残高分は補える想定。

問題なのは賞与振込とカード引落が同日であること。

...

どっちが先か、通帳を確認したら振込が先っぽかった!
良かった(^^)
カード引落が遅れるとどうなるのか…
は、先ほどリンクを貼った記事でちょこっと触れています


2.先月の振り返り



先月は結構頑張ってStop浪費生活していたんだけど、月末に飲みやら医療費やらでドカンとマイナスに。

やっぱり人付き合いを考えると1日900円って厳しいね…

誰とも関わらない生活が1番コストはかからないんだけど、多少は人と関わらないと自分が抜け殻のようになってしまう。

副業も、何回か連続で集まりに出れなかった(※海に行っていました)とき、うまくいかなさすぎてかなりモチベ下がって断念しそうになったんだよね。
ま、今もうまくいってるわけではないけど、少なくとも人と関わることで「あー私も頑張ろー」ってなる。
ぺいあは不器用だからね!
全然成果出なくて折れがちなのよ。笑。

医療費については、住んでいる市町村の補助金で受けた検査が要精密検査になったんだよね。
精密検査の結果、更なる精密検査をするとのことでなかなか解放されない。
え?ぺいあ死ぬの???
死なぬの????


3.年末に向けて



さて、12月は忘年会シーズン。
ぺいあも忘年会やごはんの予定が詰まっています。
900円生活ってやっぱり難しいね。
わかってはいたんだけど…

他の例えばセミリタイア系のブログを読んでいると、きっと1日900円生活なんて余裕なんだと思う。
けど、そこまで切り詰める生活は嫌だなって思うからやらないのよ。
クレカ引落が本当にもう無理ってなったらやらざるを得ないけど、現状まだそこまでじゃない。

ベストはダメになる前に手を打つべきなんだろうけど、甘ちゃんぺいあはそれだとモチベ出ないんだよな〜

あー悩ましい。

そうだなぁ、11月はときどき頑張りきれなくてお昼を買ってしまったから、12月は毎日お弁当やりきることを目標にしよう!
※他の人とランチ食べに行く時を除く

こんなダメ人間ぺいあですが、応援/尻叩きコメントや読者登録してもらえるとめっちゃ嬉しいです!

Twitterもやってます♪


よろしくお願いします(^^)

血迷うぺいあ、謎の絵を描く

「おい…やめろ…やめろって!」

「うるさいわね!あんたなんか………!」

グサっ

 

--

 

こんにちは〜

睡眠不足が続いている浪費家ぺいあです。

そんな中まさかの今週半ば夜勤が確定しましたことをここにお知らせします。

おやまぁ。

 

職場はほんとはPC持ち込み禁止なんだけど、どうしてもPC必要だからこっそり持っていくつもり~

けど、iPadは持っていけないな。

ぺいあの愛用機はiPad Pro 12.9という、いちばんでっかいやつなんだよね(ドヤァ)

 

iPadの用途は音楽や動画の視聴や絵を描いたりってところなんだ。

 

このブログでも何度か登場しているように、ぺいあは時々下手くそな絵を描くんだよね。

 

stop-rouhi.hatenadiary.jp

 

憧れは、さらさらっと描ける人。

まだまだ道のりは長いなー

 

それで今日は絵の練習でもするかと思ってバリ旅行の写真を開いたわけですよ。

お魚描けるようになりたい!

LINEスタンプ第3弾制作したい!

そう思って描き始めたんだけど、やっぱなかなかうまく描けなくてね…

 

いくつかのボツを乗り越えて、ぺいあはコイツを描いた。

f:id:century_curry:20191203021935p:image

なんだよこれ。

意味わかんない。。。

やっぱり頭おかしいんじゃないか。

 

バリのハリセンボンちゃんが気付いたら春菜になってしまった。

血迷い過ぎ。

 

今2:22だし。

またおかしなテンションタイムになってしまう。

傷を広げないうちに寝よう。

明日も朝から仕事だ。

 

おやすみ。

 

こんなぺいあへの応援or尻叩きコメント募集してます。

 

全然どうでもいいことだけど、いつも「尻叩き」って打とうとすると変換候補として真っ先に「Siri叩き」が出てくる。

iPhoneだぜ?自虐するこたぁないでしょうに。

 

ほんとにおやすみ。

自炊が苦手ならまずやること

「ちょっと!中途半端になるなら手を出さないでよ!」

「せっかく手伝ってやろうと思ったのに、なんだよ!」

 

--

 

こんにちは〜

睡眠不足で意識が朦朧としている浪費家ぺいあです。

朦朧としてて昨日浪費しちゃった気がする…

 

こんな状態だけど、前々回予告した「料理苦手でも続ける方法」を書いていくよ!

自炊しなきゃいけないけど続かない…自炊つらい…なんて方は取り組んでみてください(^^)

と言っても、いきなり方法論から入りません。

自炊ができない原因は人や状況によって変わるからね。

ぺいあは、マジで自炊できないんだけどなんで?という人に向けて記事を書くので、ちょっと意識すればできるタイプには当てはまらないかも。

 

<もくじ>

1.自炊って本当に必要?

2.自炊できない原因の分析

3.自炊を続ける具体的方法(ぺいあの場合)

4.さいごに

f:id:century_curry:20191201172156j:image


1.自炊って本当に必要?


 

ちょっとネットで調べると、「自炊ができない人はこうするべし!」「気楽にやればOK!」といった、表面的なことばかり載っている気がする。

そういうのをなぞったところで、本当に自炊できるようになるとは限らない。

 

どうしても自炊できない人が自炊を続けるにあたって、まず目的を明確にする必要がある。

ぺいあの場合はこう。

 Q.なぜ自炊するの?

 A.お金が無いから。

 Q.本当に自炊が節約につながるの?

 A.なる。なぜなら下記記事で試算したところ、約3万円の節約になることが判明しているため。

stop-rouhi.hatenadiary.jp

 Q.自炊は時間の無駄ではないか?

 A.承知の上。そもそも外食派だったので、時間の節約になることは知っている。

ぺいあの場合は外食で浮いた時間を効率的に過ごせない(ダラダラする)ので、自炊のメリットが大きいと判断。

 

…とまあこんな感じで、なぜなぜ分析もどきをやった。

ここまでやらないと、めんどくさがりの塊であるぺいあは自炊しないのだ。

 

で、もし自らの根源的欲求(ってぺいあは呼んでいる。)に問いかけて”目的”がしっくりこないのならば、無理に自炊する必要は無い。

 


2.自炊できない原因の分析


 

目的が明確になったところで、手段の話に移る。

今まで幾度となく自炊に失敗した原因を振り返るのだ。

 Q.なぜ自炊が続かない?

 A.(目的が明確でないという点以外だと、)単純にめんどくさい

 Q.なぜめんどくさいの?

 A.今までも頑張った時期はあったけど、料理スキルは向上しない。だから毎回作るのに時間がかかる。

実際はもっと色々考えたけど、集約するとこんな感じ。

よくある原因だね。

 

 


3.自炊を続ける具体的方法(ぺいあの場合)


 

よくある原因から更に1段レイヤーを下げて考えると、あることに気付いた。

ぺいあという人物は非常に不器用なもんで、物事の上から下までの流れを理解しないとスムーズに動けない。

また、何度か同じ動作を経験しないと、スピードアップできない。

その特性を考慮したとき、

毎回違うメニューを作るというのは即ち毎回異なることをしている

という点に気付いたのだ。

 

そうすると導き出される解はこれだ!

一定期間同じメニューを作り続ける

 

毎回同じメニューは飽きるって?

そういう人は、その特性に合った打開策を考えてくだされ。

ぺいあの場合は1~2週間くらいは朝昼晩毎食同じモンでもOKなもんでね。

 

で、この「一定期間」なんだけど、これは日数で縛らない。

食材単位にすることで、半端な食材が出ることを避けられるのだ。

 

例えばぺいあの場合、最初はゴーヤチャンプルーローテだった。

料理でオイスターソースを使う場面は少なかったから、これが無くなるまでゴーヤチャンプルーを作り続けた。

次にカレー。これは、ルーが2箱あったのでこれが切れるまで連日カレー。

 

ちなみに食材に関して、「玉ねぎ半分」「人参半分」とかは「めんどくせぇ!全部入れちまえ!」の精神で、1個単位で使ってる。

これだと半端分のことを考えなくていい。

作る量も増えるから、作り置き分が増える。

もう一石何鳥かわかんないくらいメリットだらけでしょ!

 


4.さいごに


 

そして1人暮らしだからこそできる、料理のモットー。

「大丈夫、死なない。」

多少床にゴーヤが転がり落ちても、ちょっと水で洗えばOK。

人参がちょっとぶよぶよしていたら、そこだけ切り取ればOK。

 

こんな感じで、本当に女なのかわからないぺいあですが、「大丈夫、死なない。」とつぶやきながら食材を無駄にせず使って生きています。笑。

 

真面目にまとめると、料理できない原因は人それぞれだから目的の明確化とできない原因の分析から!

不器用さんは、同じメニューのローテで熟練度を上げていく!

 

以上!

 

 

応援や尻叩きコメント、読者登録していただけると励みになりますのでよろしくです♪

 

おや?ブログ開設1ヶ月のようだ。

女「私たち付き合って1ヶ月だね!お祝いしよ!(カバン買って)」

男「いや、厳密にはあと3時間44分あるy..」

女・男「(コイツめんどくせぇ)」

 

--

 

あ、こんにちは〜浪費家ぺいあです〜

 

さっき最初の記事を見て初心に返っていたら、それが10/25だったことに気付いた。

そうか、1ヶ月経ったのか。

 

だいたい3〜4日に1回の更新なので記事数は11だが、コメントやスターを付けてくださったり、読者になってくださった方もいて嬉しいです!

いえーい!

f:id:century_curry:20191125090246j:image

 

1日900円チャレンジも、日単位だとオーバー(昨日は米を買った)することもあるけど、今のところ浪費抑制して頑張れている。

完全抑制は無理だったからたまにおやつを買ってしまうけど、100円くらいのを選ぶようにしている。

前は余裕の300円overしかも2個買いとかしていた(時により3個買い)けど、そういう無茶は抑えられている!

 

この「抑える」という感覚無く抑えられるようになったら完璧だね。

 

では、来月もぺいあがクレカ引き落としに耐えられるよう、

応援or尻叩きをよろしくお願いします! 

 

 

一人暮らしにおける食費問題

「え〜お前自炊してないの?」

「1人分って自炊のほうが高くつくことがあるからもう萎えちゃってさ〜」

 

--

 

どうもこんにちは、家事労働苦手な浪費家ぺいあです。

 

1日900円チャレンジにおいて、ぺいあは自炊必須です。

苦手ながら頑張ってます。

 

しかし、一人暮らしにおいて本当に自炊って必須なのか?

自炊じゃないと節約できないというのは固定観念では?

という、サボりの誘惑があるので、それを断ち切るためにも試算&比較をしていきませう。

 

*もくじ*

1.外食中心の生活ならば

2.自炊中心の生活ならば

3.比較

4.気持ちを新たに

 


1.外食中心の生活ならば


 

社会人生活の7割方外食生活を行ったぺいあの実績から、月の食費を割り出します。

 

朝:200円

昼:1000円

夜:1000円

※飲み物、おやつもこの中に包含

※飲み会等は含まない

→2200円/日

 ×7日=15400円/週

 ×4週=61600円/月

 

自分でも引く…!

何この金額!?

 


2.自炊中心の生活ならば


 

何度か自炊生活にチャレンジして失敗しているんだけど、試算では今回のチャレンジ中の金額をもとにするね。

 

朝:350円

昼:350円

夜:350円

※飲み物、おやつもこの中に包含

※飲み会等は含まない

→1050円/日

 ×7日=7350円/週

 ×4週=29400円/月

 

まあ、だいたいこんな感じだよね。

 


3.比較


 

結果、自炊生活をちゃんとやると外食生活に比べて食費は半分に抑えられる!

明らかに自炊安いでしょう。

相対的メリットもそうだけど、絶対的メリットとしても3万円という金額は大きいね。

頑張れば3万円が捻出できる!

3万円あったら伊豆で日帰りボートダイブ2〜3本(交通費込み)できちゃう!

 

じゃあ、一人暮らしで自炊高くつく説はなんなの!?って感じだけど、これは中途半端にやるからだね。

せっかく作り置きしても飲みに行っちゃって食べなかったとか、食材買っても作るの面倒がってやらなかったとかとか…

 

「でも料理苦手だぜ…」って人は、ぺいあが今取り組んでいる方法でなんとか料理できるようになるかもしれない。

これについては後日記事を書こうかな〜と思っている(^^)

 


4.気持ちを新たに


 

外を歩けば美味しそうな看板、美味しそうなにおいがたくさんあって、すぐ誘惑されそうになってしまう。

そんな中でも今回の試算結果を思い出すことで、正気を保とうと思う。(←どんだけ誘惑に負けやすいんだw)

 

--

誘惑に負けまくるぺいあに応援or尻叩きコメントくれると嬉しいです!

 

f:id:century_curry:20191124021836j:image

 

 

 

転職を検討するも即断念。

(屋上で、缶コーヒーを飲みながらポツリと)

俺、この先この会社でやっていけるのかな…

 

--

 

どうもこんにちは、浪費家ぺいあです。

先日部長と飲んだときに、また一人ぺいあの同期が辞めたことを聞きました。

ぺいあの同期は40人くらいいて、今何人残っているのかわからないけどちょろちょろ退職している人はいる。

そしてぺいあはこれまで3人くらいOJTの指導員として新人の面倒を見てきたんだけど、全員辞めている。(理由は病気とか他にやりたいことができたとかバラバラ)

f:id:century_curry:20191122055231p:image

結構転職する人って多いよね。

終身雇用の終焉が叫ばれて久しいわけだけど、そんなときにぺいあも転職が脳裏に浮かんだ。

 

理由は当然、お金問題。

先日の記事の通り、ぺいあはもっとお金が欲しい。

stop-rouhi.hatenadiary.jp

 加えて転職を考えた理由が、スキルアンマッチ問題。

正直ぺいあは、今の業界に向いていない。

最初からわかっていたけど、何年かやったら感覚が身について、いい感じにやっていけるようになるって思っていた。

 

けど、実際のところ5年目になってもどうしても苦手意識を払拭できない。

そして後輩や未来の後輩たちに抜かれる自分が容易に想像できる。

あ、今いる後輩には既に抜かれているわ(笑)

さらにさらに、ぺいあはお絵描き/工作/レタリングのほうがやっていて楽しいし頑張れるなぁ、と気付いてしまった。

 

ということで、今と違う業界でかつ収入UPを目論んだわけだ。

 

 

で、なんやかんや色々あって転職サイトに登録し、流れで転職エージェントと電話面談をすることになった。

 

そんで結論から言うと、「別業界かつ収入Upは無理!」だった。

しかも去年の源泉徴収額を伝えたら「結構もらってますね」と言われてしまった。

マジかよ…

薄々気付いてはいたけど、やっぱり給料安くはなかったんだね…

 

それで国の統計情報を覗いてみると…

 ▽国税庁 民間給与実態統計調査(平成29年分)

  http://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan2017/pdf/000.pdf

  ◇平均給与

   男性 532 万円(平均年齢 45.9 歳、平均勤続年数 13.5 年)

   女性 287 万円(平均年齢 46.2 歳、平均勤続年数 10.1 年)

   男女合わせて 432 万(平均年齢 46.0 歳、平均勤続年数 12.1 年)

  ◇年間給与額のボリューム層

   男性 300 万円~400 万円

   女性 100 万円~200 万円

 

なるほど…

ぺいあがどのあたりなのかは秘密だけど、とりあえず浪費癖マジヤバイということはわかった。

 

まーとりあえず転職はやめたので、副業こつこつやって独立の道を進みます。

 

--

 

応援or尻叩きコメント貰えるとStop浪費生活の励みになります!

よろしくお願いします!